「コンセルトヘボウ」での無料コンサート

音楽が好きな方なら、旅先でコンサートホールに立ち寄って、建物を眺めたり、演奏を楽しんだりすることを楽しみにしていらっしゃるのではないでしょうか。ヨーロッパには素晴らしい音響や建築で有名な音楽ホールが数多く存在するので、どれがいいか迷ってしまうくらいですよね。

普段はあまり音楽を聴きに行かないという方も、せっかくヨーロッパを訪れるからには、ぜひ本場の西洋音楽に触れて、雰囲気を味わってみていただきたいと思っています。

 

 気軽に参加できて、内容は本格的!

 

そういったとき、気軽に楽しめてちょうどいいのが、ランチタイムコンサートなど、無料の短時間の演奏会です。

アムステルダムには、クラシック批評家たちに特に評判の高い著名なホール「コンセルトヘボウ」(Het Concertgebouw)があり、そこで毎週、ランチタイムコンサートが開催されています!

今回皆さんにおすすめしたいのが、そのコンセルトヘボウの無料ランチタイムコンサートです。週に1度、主に水曜日の12時30分から、約30分間の小さな演奏会が開かれています。無料とはいえ、演奏のレベルはお墨付き。演奏曲目や出演者の世代、楽器もさまざまで、いつ行っても何かしらの発見があるような、良質なコンサートです。

たとえば、先日のランチタイムコンサートは、ロイヤル・コンセルトヘボウオーケストラの公開リハーサルで、交響曲の一部を聴くことができました。また、別の日には、ノリの良いジャズ・オーケストラのミニコンサートや、ファゴットのアンサンブルという珍しいプログラムもありました。10代の若手演奏家が見事なソロを披露して、聴衆をあっと言わせることもしばしば。

会場に着くまではコンサートの詳細が分からない、というサプライズ要素もあって、いつも楽しく、期待を上回る充実した30分間を過ごすことができています。

 

オランダには、他ヨーロッパ諸国の例にもれず、数多くの音楽スポットがあります。特にアムステルダムには、クラシック音楽の演奏会はもちろん、ジャズやロック、ブルース、フォーク音楽など、実に多彩でレベルの高い演奏家たちが世界から集まっているので、毎日多数のイベントやコンサートが開かれています。そのため、競争も激しく、聴衆の耳も肥えているので、自然と質の高いミュージシャンたちが集まってくるのだろうと想像できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、アムステルダムの「コンセルトヘボウ」(オランダ語でConcertogebouwはコンサートホールを意味します)は、世界一ともいわれる素晴らしい音響を誇る国立の音楽ホールです。1888年のオープン以降、数多くの有名演奏家や歴史的な名演の舞台となり、世界に名を轟かせています。年間に訪れる観客数は約70万人といわれ、一年を通して、主に音楽コンサートが多数開かれています。

ホールが位置するアムステルダム市内のMuseumpleinという地域は、その名前の通り、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)やゴッホ美術館(Van Gogh Museum)、アムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum)、現代アート美術館(Moco Museum)やレストラン、ホテルなどが立ち並ぶとても雰囲気の良いエリアです。駅から16番か24番のトラムに乗れば、20分程度でコンセルトヘボウの目の前に到着するので、アクセスも容易です。アムステルダム観光の際にはぜひ立ち寄っていただきたい場所のひとつです。

ランチタイムコンサートなら、服装などもあまり構えず、気軽に参加できます。今回は、そんなお得なコンサートを聴くチャンスを逃さないために、具体的にどうやって参加すればいいか、手順をお伝えします!

 

日程を調べましょう

 

まずは、コンセルトヘボウのウェブサイトで、コンサート情報をチェックしましょう。英語版のサイト(https://www.concertgebouw.nl/en/)から「Concert&tickets」のページを開いて、「Free Lunchtime Concerts」のフィルターにチェックを入れれば、至近のものから順に日程一覧が表示され、簡単に確認することができます。

日程が分かったら、事前予約は不要なので、あとは当日の流れをご説明します。小ホールと大ホールのどちらで公演が行われるかによって、少し手順が異なりますので、それぞれご紹介していきます。

 

小ホール公演の場合

 

小ホール(Kleine Zaal/Recital hall)で行われるコンサートの場合は、コンサート当日の11:30から、建物の左側にあるメインロビーで、無料のチケットが配られます。多少早めに行っても、たいていの場合、行列ができているので、わかりやすいはずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小ホールの収容人数は437名と限られているため、開演の12:30前にはチケットがなくなり、満席になっていることが多いようです。ですから、ぜひ11:30の配布開始時に並んで、チケットを早めに入手してくださいね。

開場は、基本的に開演30分前なので、12時すぎです。座席は自由席ですが、どうしても座りたい席があるとき以外にはカフェでお茶を飲みながら、わくわくして待つのがおすすめです。チケットがあれば、もう席は確保できているはずなので、ホールの周りを少し散歩してみてもいいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大ホール公演の場合

 

一方、大ホール(Grote Zaal/Main hall)で演奏が行われる場合には、開場となる12時すぎに会場に着ければ、ベストタイミングだと思います。1974名収容の大ホールですから、簡単に満席にならないためです。とはいえ、落ち着いて演奏を楽しむために、開演の15分前、つまり12:15頃には入場しておくことをお勧めします。

入口は、劇場の正面に向かってすぐ左手にある入場口、もしくは、その先右手のチケット売り場に近い入場口の2箇所があります。

チケットは不要ですので、入口に立っている係員の人たちに軽く挨拶をして、ホールに入りましょう。

なお、荷物預かりやロビーでのカフェのサービスはないので、ご注意ください。

 

好きな席を選んだら、あとは演奏を楽しみましょう♪

 

舞台やオルガンが正面から眺められる臨場感たっぷりの一階席か、美しいホールが見渡せる二階席か……迷ってしまいますね! 好きな席を選べるのも、自由席制度のランチタイムコンサートならではの楽しみです。大ホールなら、舞台のすぐ後ろの階段状の席に座ってみても面白いかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

携帯電話の電源はしっかり切っておくのをお忘れなく。上演中の写真やビデオ撮影、録音はマナー違反なので、自分の目と耳で、世界一といわれる音響や演奏を存分に楽しんでくださいね!

素敵な音楽との出会いがありますように♪

(会場インフォメーション)

名称:コンセルトヘボウ(Het Concertgebouw)

住所:Concertgebouwplein 10, 1071 LN Amsterdam

アクセス:トラム、バスのMuseumplein停留所からすぐ