デンハーグのタイ料理レストラン「Orchid」

オランダの政治的な中枢機関が集まる首都・デンハーグの高級ショッピング街には、数々のレストランがあります。その中でも、筆者がおすすめしたいのがタイ料理レストランの「Orchidsです。上品で本格的なタイ料理が楽しめるのに、スタッフも気取っていなくてアットホームな雰囲気が漂う家族経営ふうのレストランで、ディナーでも比較的手ごろな値段で食事が楽しめます。今回は、実際にディナーに行ってみてどのような様子だったかをレポートしたいと思います。

 

高級ショッピングストリートにあるレストラン

 

今回ご紹介するタイ料理レストラン「Orchids」は、デンハーグ中心街にあるノールドアインデ(Noodeinde)という通りにあります。周囲は高級感あふれるブティックが並ぶショッピングストリートで、夜になってブティックが閉店してからも、美しいお店を眺めながらウィンドーショッピングを楽しむ人が絶えない、おしゃれなストリートです。その中ごろには、通りの名前の由来であるノールドアインデ宮殿(Paleis Noordeinde)とその前の広場があり、観光客の記念撮影スポットにもなっています。デンハーグの町の中心からこのレストランに向かう時は、このノールドアインデ宮殿を通り過ぎてすぐ左手だと覚えておけば、道に迷うことがないと思います。

「Orchids」店内に入ると、オランダではよく見かける奥行きの長い間取りであることに気が付きます。入店するとすぐに、タイ人らしい男性の店員さんが英語で、「好きなテーブルにどうぞ」と案内してくれました。入口の脇はガラス張りになっていて、ウィンドー沿いには、たくさんの植物の鉢が所狭しと並んでいます。店名は蘭の花を意味する「orchids」というだけあって、お店の方は蘭がとてもお好きなようで、植物の鉢のほとんどは蘭でした。一つひとつが花をつける季節には、さぞきれいなのだろうなぁという想像をくすぐられます。せっかくなので、この花鉢の並ぶウィンドー近くのテーブルを選ぶことにしました。

このお店を知ったきっかけは、実はとある割引キャンペーンのおかげでした。以前、オランダを代表するスーパーマーケットである「アルバート・ハイン」の時期限定キャンペーンで、買い物のたびにもらえるポイントをためると、特定のレストランでランチもしくはディナーをするとき、2人でも1人分の代金で食事ができるというサービスがありました。キャンペーンの呼称はAHrestaurantactieといいます。そのポイントがたまっていたので、今回このタイ料理レストラン「Orchid」で使ってみることにしました。

キャンペーンの特設サイトにて、デンハーグの中でも口コミの評判の高いレストランから順番にチェックしているときに、このお店を見つけました。

 

選べるコースメニュー

 

特定メニューしか選べないレストランも多い中、このお店では、選択肢のあるコースメニュに対して、キャンペーンの割引が適用になりました。ディナーは3品か4品のコースで、スープ、前菜、メイン、そしてデザートという流れになっています。

あとからデザートがほしければ、食事の後に追加できるとのことだったので、とりあえずデザートを除いた3品コースを選択しました。メニューは、それぞれ3・4種類の中から選ぶことができます。

前菜は、鶏肉やエビフライ、もしくは海老と生野菜の生春巻きなどで、それぞれのメニューにちょっとしたレタスなどの野菜サラダが添えられていて、味の濃いものを中和する役割を果たしているなと思いました。細長いお皿に小さなポーションでサーブされましたが、食べてみると、けっこうなボリューム感があり、満足度十分です。

スープには、タイの名物スープであるトムヤムクンを選んでみました。酸っぱさと旨みが凝縮されたスープに質の良い海老やプチトマト、マッシュルームなどの具材が浮かんでいました。さっぱりした後味がたまりません。本場タイでまだトムヤムクンを味わったことがないのですが、筆者としてはとても気に入りました。ここでしか味わえないような、選んで正解の当たりメニューなのではないかと思っています。

連れの友人は、マッシュルームのクリームスープをオーダーしていたのですが、トムヤムクンのほうがおいしかったようです。タイ料理によく使われるハーブの風味をつけた、キノコの濃厚な香りをふくんだおいしいクリームスープだったのですが、やはりタイ料理らしい定番のスープといえばトムヤムクン。レストランとして気合いの入ったメニューだったようです。

続くメイン料理には、筆者はカレー風味の鶏肉のソテーをオーダーしました。鶏肉にナイフを入れてみると、柔らかくて筋がなく、食べやすくて、カレーとその他のスパイスの香りがついた薄い衣がかかっていて、食欲をそそります。鶏肉に添えられているアスパラガス、プチトマトといった野菜にもていねいな調理が行き届いていて、とてもおいしくいただきました。

全体的に、タイ料理というと一般的なアジア料理のイメージの通り、ダイナミックな料理を想像していたのですが、このレストランでは、大胆というよりも繊細な味わいを楽しめます。お皿の盛り付け一つとっても、大きな白いお皿がキャンバスのように彩られていて、コックさんのセンスと意識の高さがうかがえます。

メイン料理がサーブされると同時に、トマト、きゅうり、キャベツのサラダと、ジャスミンライスがテーブル中央に運ばれてきました。最終的に全部は食べきれないくらいのボリュームがあり、満腹すぎてデザートは食べられませんでしたが、大満足でした。ディナーの食事代は一人35ユーロで、先述したクーポン「AHrestaurantactie」のおかげで、2人分で同じ金額で食事することができました。

 

お皿の中は美しく店内はカジュアル

 

レストランの雰囲気は高級で気取った感じがなく、スタッフも落ち着いていてフレンドリーだったので、落ち着いて食事を楽しめました。個人的に、筆者はレストランでおいしく食事をする上で、親しみやすくてリラックスできる雰囲気が欠かせないと思っています。その点から良いレストランだと思いました。ぜひ訪れてみてくださいね。

 

インフォメーション

名称:Orchids Modern Thai Cuisine

住所:Noordeinde 90, 2514 GM Den Haag

公式ウェブサイト:http://www.orchidscuisine.nl